縮毛矯正についての疑問にお答えします

自然な縮毛矯正を

前髪部分矯正、女性、男性癖の強弱、あらゆる縮毛矯正に対応します。

Q.縮毛矯正とストレートパーマ、ストパーの違いは?

A. 以前は矯正が普及してなくて クセをのばすのもパーマを落とすのもストレートパーマと言ってました。今はその辺の違いが曖昧で矯正でもストレートパーマと言う場合もあります。
実際 当店は圧倒的に縮毛矯正が多いので 矯正でもストパーとして予約してくる人もいます。軽い矯正の場合は当店ではリシオCFという薬剤を使用しますので そう呼称してます。 お店によっても違うので 事前に確認する必要もあるかもしれません。

Q.癖毛にはどのような種類がありますか?

A.直毛: 表面が滑らかな曲面で、断面が正円形。波状毛 :大きくうねりを描いたり、ゆらゆらと波打っている、断面は楕円形。 捻転毛 :コイル状にねじれているタイプのクセ毛。 連珠毛 :数珠が連なったような形状、髪の太さが一定ではなく、凸凹感がある。 縮毛:もっとも深刻なクセ毛、毛髪が縮れた状態になっている。

また癖は均一とは限らず いくつかのタイプと複合的に組み合わさったりしてるので 百人百様に違います。それが難しさでもあり 面白さでもあります。

Q.矯正した髪にパーマはかけられますか?

A.システアミン系とか特殊な薬剤でかけることも出来ますが、基本的には矯正毛はパーマがかからないと思ってください。 パーマをかけると変なクセや形状になりがちです。

矯正毛には同じ温熱を利用したデジタルパーマなら計算したカールやウェーブが可能です。実際 根元の部分を 縮毛矯正、毛先をデジタルパーマをかける方も多くいらっしゃいます。ただかなりのダメージ毛には無理な場合もありますし、 矯正とデジタルパーマはデリケートな部分もあるので、経験豊富なサロンで施術する事をおススメします。

Q.某美容院に行った際、うちのは化粧品登録の薬剤だから痛みにくいです。 みたいなことを言われました。これって、普通の縮毛矯正剤とは違うのですか?

A.通常は医薬部外品のチオグリコール酸を主剤とした いわゆる普通のパーマ液が主流ですが スピエラやシステアミンと言った弱めの薬剤で化粧品登録のもあります。 チオグリコール酸の薬剤は クセが強かったり 健康な髪に適してます。薬剤が強い分 使い方によってはダメージが増します。

化粧品登録タイプの薬剤は マイルドですが 細い髪やダメージ毛 クセの弱い人でないと作用しない場合もあります。

どの薬剤でも一長一短があるので 当店では髪質 クセの状況で使い分けてます。

Q.前髪がいつもパックリとわれてしまうのですが、縮毛矯正で直りますか?

A.薬剤を根元までつけられず、1センチ弱開けて施術するため、髪のクセは直りますが、生えぐせを矯正することはできません。
根元まで薬をつけると断毛や地肌のトラブルになるのです。また 髪の生え方に逆らって アイロンをかけると折れたりする場合があります。
矯正やカットの仕方で多少収まることはできます。・

Q.縮毛矯正のメリット、デメリットは何ですか?

A.メリットとして


1.乾かすだけで真っ直ぐになり、日々の手入れの煩わしさから解放されます。

2.見た目として「天使の輪」ができて 非常にツヤが出ます。

3.汗をかいたり、髪の毛をぬらしても 一度矯正した髪は半永久的に真っ直ぐで ヘアスタイルが崩れません。

4.クセが強くボリュームが出がちな人でもコンパクトなヘアになります。

デメリットとして

1.髪の毛のダメージが進行します。

「全く傷まない○○縮毛矯正」 「やればやるほど髪の健康が蘇る○○ストレートパーマ」等の謳い文句を見かけることがありますが、全く傷まない施術はありえません。
極端に言えば 髪は外気にさらされたり、手で触るだけでも痛みは進行します。薬液はパーマ液ですし、アイロンを180度前後で施術するので、髪の内部が変性したりします。肝心なのは「ノーダメージ」なのでなく、極力痛みを進行させない、 傷んだように見えないヘア作りが 担当者の技量と経験の差になります。

2.時間とコストの負担がかかる。

施術時間は毛量 髪の長さ クセの強弱で変わりますが、平均すると3時間ぐらいかかります。人件費もかかりますので 料金も高額になりがちです。

3.ぺっしゃとしたり サラサラしすぎたりする場合があります。

ストレートヘアの人はボリュームがでなかったり、サラサラしすぎるのでパーマをかけたりします。縮毛矯正はストレートヘアにするので 1~2週間ぐらいサラサラしすぎて不自然に感じる場合もあります。 またそれに対処する方法もあります。

4.縮毛矯正した髪はパーマをかけるのが困難です。また ヘアカラーも多少暗く発色する場合もあります。

矯正毛はアイロンの熱で組成が変化しているため パーマがかからなかったりします。正確に言うと デジタルパーマや一部の薬剤でパーマは可能なので ご相談下さい。
 矯正はやらないですむのならやらないほうが良いですし、また 現在は多くの人が縮毛矯正をやってるのも事実です。欧米ではではキレイなクセ毛に思えるヘアスタイルの人でも ストレートヘアに憧れて 日本式の縮毛矯正が流行ってます。以上の 長所 短所を考慮のうえ ご検討下さい。

Q.縮毛矯正の後にヘアアイロンを使うのはダメですか?

A.矯正は熱で固定するものですが、2~3日は安定してません。その状態で高温のヘアアイロンをあてると 余計な跡やクセがつく可能性が稀にあるので 3日間は使用を避けたほうが良いでしょう。
ただ、伸びた部分だけ根元を矯正するリタッチの場合 中間や毛先など薬剤をつけていない部分は アイロンを当てることは可能です。 。

Q.ブリーチ毛に縮毛矯正は可能でしょうか?

A.ブリーチはカラーの1種で 毛髪へのダメージが非常に大きいです。ホワイトブリーチのように何度もブリーチした髪には 矯正は 髪の毛が溶けたりして無理ですが、1度くらいのブリーチでは かなり弱い薬剤を 使って施術することは可能です。しかしかなりリスキーです。根元がの新生部がかなり伸びて(2センチ以上) 中間がブリーチ毛というのも難しいです。ブリーチ毛を黒染めしている場合は 施術が出来なくて 担当者も見逃しやすいので、その旨をお伝えください。そのまま施術すると チリチリとなり 取り返しのつかないようになります。 。

Q.ヘナした毛髪には縮毛矯正は無理ですか?

A.全然 無理ではありません。ヘアカラーしてる毛髪には そのダメージのため 弱い薬剤を使用します。ヘナやヘアマニキュアの場合は ダメージがなく むしろ染料がコーティングされてるので 薬剤の浸透が 鈍くなりやすいです。
ヘナに合った薬剤を使用して施術すれば きれいに矯正ができます。 。

Q.女性と男性では施術に違いありますか?

A.特に違いは無く 担当者がなれているかの差だと思います。男女の違いというより ヘアスタイルによってやり方を変えたりします。違いがあるとすれば 男性は一般的にヘアが短く より細かくスライスを取って施術したりします。
TEL:03-3419-1813

縮毛矯正とは3へ続く